スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに個別レビューを

今回の更新、当初は3月にクリアした作品の感想を書こうと思っていました。ですが、久々に面白い作品に当たったため、予定を変更してその作品のレビューを書くことにします。あ、別に今年クリアしてきた作品が面白くなかったわけではないです、念のため。感想をわざわざ書きたくなる作品という意味で、ね。まあそれに、たまには長文レビューも書かないと、勘が鈍りそうですから。文章力って意外と衰えるの早いんですよねえ。

前置きはこの辺にしておいて、今回紹介する作品はこちら。

鬼ごっこ!鬼ごっこ!
(2011/03/31)
Windows

商品詳細を見る


鬼ごっこ!(ALcot 2011)先月末に発売したばかりの新作です。そういや新作のレビューを書くの、ずいぶん久しぶりですね…fortissimo以来かな?買う時の一番の基準が「世間・友人内での評判」なので、なかなか新作には手を出しづらいんですよね。この作品の場合は、前作「幼なじみは大統領」が個人的にかなりヒットしたので、今作もそのまま買ってみようか、と思った感じです。体験版の雰囲気、大統領と同じでしたし。

では、レビューの方へ。
パロディの勢いや暴走っぷりは、前作より落ち着いたように思います。まあ、同じことを繰り返せば慣れてしまいますから、そのせいかもですが。ただ、落ち着いたとは言っても、他の作品と比べれば十分すぎるほど酷いレベル。あ、この酷いっていうのはいい意味ですので。ニコニコや2chはもちろんのこと、ALcotの過去作ネタまで…色々とニヤニヤできます。

で、ギャグが落ち着いた分どうなったかというと、イチャラブとシリアスがパワーアップしてます。前作より甘く、エロく、そして感動する。この部分に関しては、確実に前作を上回っていると思います。とあるルートでは涙腺が決壊しかけた…いかにもな「泣きゲー」よりも、こういう萌え主体の作品の、ちょっとしたシリアスの方が泣く確率が高いように思うのですが、一般的にはどうなんでしょうね?僕が不意打ちに弱いせいかもですが。

その「不意打ち」というのは、ヒロインに関しても言えると思います。4人のヒロインそれぞれが、意外な一面を持ち合わせています。萌えポイント的な意味で。その意外性が上手くヒットすれば、最高に萌えられる作品だと思いますよ。ちなみに僕は灯が好きだったりします。性格もそうですが、遠野そよぎさんの演技にやられた感が強い…(笑)

あとはサブキャラですね。どいつもこいつもキャラが濃い(笑)しかも変態的な意味で。葵と熊吉には何度爆笑させられたかわからないくらいです。「レッツは○とく!」はアウトだろ…それでもシリアスなところではきっちり決めてくれるんですよね。こういうキャラ、ずるいと思いません?wギャグでもシリアスでも活躍できるキャラって、美味しいですよね。



というわけでまとめると、前作の強烈なクセを少し弱めて、その分一般受けする部分(萌えとかエロとかキャラとか)を強化した感じ、と言えるでしょうか。おそらくこちらの方がとっつきやすいでしょうけど、前作の方が好きという人もいるだろうと思います。ちなみに僕はこっちの方が好きです。ゲームとしての完成度と、ヒロインの魅力を考えると、ね。もちろん、前作も好きですよ。何といっても、メインヒロインのCVが立花あやさんですから。そこだけで、僕にとってはプレイする価値がある。

さて、この作品の魅力については十分語れたかな…あ、そうだ。今からだと入手は難しいかもですが、予約特典の昔話絵本と、その朗読CDのクオリティはかなり高いので、見かけたら入手するのをオススメします。マジで笑える。そしてOPの「百花繚乱ファンタズム」はいい曲ですので、ぜひとも聞いてみてください。ここのブランド、音楽にも力入れてるのが個人的に嬉しいです。

では、今回はこの辺で。また次回!
そういや、3月にクリアした作品はいつ紹介しようかなあ…
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

FC2カウンター
プロフィール

クッキー

Author:クッキー
ただのエロゲーマー。のんびりまったり更新中。連絡等はメール→yupoke☆live.jp (☆を@にしてお願いいたします)もしくはweb拍手にてどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。